a-DSCF5019.jpg
制作と暮らしのあれこれ


b-IMG_2753h.jpg
stainedglass abre : HP



a-DSCF8499h.jpg
online store 【 S.abre 】
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


                
赤いバラのステンドグラス 「antique rose」

 

鎌倉での個展で、赤いばらのステンドグラスを出品しました。

 

ロマンティックな雰囲気に出来たかなと思います。

 

 

a-DSCF857h9.jpg

 

 

 

ばらは、ステンドグラスではとても人気のモチーフなのです。

 

今の自分がベストを尽くすならどんなものに?・・・

 

改めて自分なりに納得のいくものを作りたい。そう思ってあれこれ悩んでデザインしてみました。

 

お花が真ん中にひとつポン!それも良いし好きだけれど…

 

より細かくなって大変ではあるけれど お花を3つにし、蕾も葉っぱも配し、

 

ナチュラルな感じにしました。

 

 

 

でも誰も見てくれないのでは、このままお蔵入り^^

 

それも大変寂しいので、webショップのサイトにUPしました。

 

 

 

 

猛暑の昨日、制作の手を休めて、ちょこちょこと利用案内的な部分を手直ししました。

見やすくなったかな・・・?どうでしょう^^

 

 

 

 

posted by abre | 09:48 | ステンドグラス | - | - |
あさぎ色

暑い夏の到来ですね…!

 

HPの gallery 頁を、ほんの少し更新しました → 

 

 

 

 

 

写真の「アルファ」のような、水色系のランプシェードを作り始めています♪

 

落ち着いた浅葱色を少しだけ入れるのがとても好きです。

 

 

posted by abre | 09:23 | 暮らし | - | - |
見事に咲いてくれました

ひと月以上前のことですが・・・

5月下旬の鎌倉での個展の直前、1.2週間に渡りバラが期待以上に頑張って咲いてくれました!

 

 

 

今ちょうどポツポツと二番花を咲かせている、四季咲きのバラの5月12日頃の様子。

 

ハンスゲーネバインです。

 

 

 

 

 

爽やかで、それでいてちょっとコクがあるような美しいピンクでした

 

 

 

 

 

 

そんなハンスゲーネバインの背後で、たくさんの蕾を湛えたつるバラ、ピエールドゥロンサール。

 

 

 

 

 

強くて可愛くて、と殿堂入り人気のピエール!

 

うちの小庭は北向きで条件も悪いし、どうなるかな?

と初めてのつるバラを一年前から半信半疑で(笑) 育てていたのですが、5月となりだんだん膨らむ蕾達。

それはもう嬉しい日々でした。

 

 

初めは清楚に白く。

 

 

 

 

 

(黒い支柱が野暮ですが、直付けフックがどんどん取れていき仕方無く…^^)

 

 

 

 

 

中心のピンクがだんだん広がっていくようです

 

 

 

 

 

 

 

 

そして華やかに。

 

ご近所でもとても好評だったように思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開の花の様子は、ピエール、ハンス、ともに似ていました

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもつるバラは魅力的。

 

一季咲きだけどここから一年、お世話を頑張れるだろうか?

 

たぶん大丈夫そうな気がしている。

 

 

a-DSCF8438.jpg

 

 

 

 

 

 

a-DSCF8437.jpg

 

 

 

 

 

posted by abre | 11:52 | 暮らし | - | - |
新築邸のパネルを制作中

 

 

a-IMG_1376-photo.jpg

 

 

都内足立区の、新築邸の為のステンドグラスを制作中。

 

欄間に入る予定です。

 

直線主体ですが、1本の曲線で変化をもたらしているデザインです。

 

 

 

 

 

 

 

a-IMG_1384-photo.jpg

 

ガラスもとても良い雰囲気です。

 

どうぞ、お楽しみにお待ちください…!

 

 

 

 

小庭では、今バラの二番花が開き始めています

 

 

a-IMG_1361-photo.jpg

 

昨日の朝5時頃の写真。

 

 

二番花は・・・5月の一番花の花後に、セオリー通りに切り戻したら約40日後に咲く、と書いてあり

 

その通りやってみたら、ホントに咲きました!(←まだまだ初心者です)

 

四季咲きって素晴らしい〜

 

 

 

 

 

a-IMG_1362-photo.jpg

 

 

二番花の満開は、まだこれから♪

 

 

 

 

 

posted by abre | 13:40 | 暮らし | - | - |
online store

なんと、オンラインストアをオープンしました!

 

stainedglass abreの online store →

 

 

私を身近に知っている人は、ビックリしたかもしれません。

少し前「通販とかはしないの?」という話が出たときにも

「まだちょっと。。」と及び腰だったのです^^

 

でも、オーダー制作のお客様に クレジットカードがご利用できるといいなぁ…と

以前から思っていたのは確かでした。

 

FIVE FROM THE GROUNDさんで、いい写真がたくさん撮れたのも後押しして

思い立ってから10日間、頑張りました〜

7月からはまた制作を頑張りたいので、期限を6月中!と決めたことも良かったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ステンドグラスは、逆光の時に線が真黒く、ガラスも色が明瞭にでて

一番綺麗に見えます。

 

でも実際には、その反対の、光を受けている状態を見ている時も多いので

そちらの写真も載せなければなりません。

 

 

 

 

 

 

作品写真のことがちょっと大変だったかな〜と思います^^

 

 

ぜひ一度のぞいてみてください。

よろしくお願いします!

 

 

posted by abre | 10:20 | ステンドグラス | - | - |
道具

鉛線を磨く、とんでもなく硬いブラシがあるのですが

最近シャープさが無くなって「効率が落ちてるな…」と感じていました。

 

そこで2本使い分けているうちの片方を取りあえず新調。

 

並べてみたら、だいぶ使い込んでいた事に気付きました・・・今までありがとう、お疲れさま !

 

 

ステンドグラスの(ケイム技法の)制作は、気力も体力もけっこう要ります。

 

磨きの作業などは力を入れて30分は磨き続けてます。

 

ケイムで作る人も将来的にはだんだん減っていくんだろうなぁ…と思うけれど、

 

自分はこれが lifework。

 

大変さも吹っ飛ぶくらい楽しい。

 

 

a-IMG_6224 1.jpg

 

 

 

 

posted by abre | 11:18 | 暮らし | - | - |
glass plants ミニバラ

 

a-DSCF8561h.jpg

 

 

先月の展示では、glass plants をひとつだけ作って持っていきました。

 

今までのものよりも大きくなったので木枠に入れてみました。

 

 

花の形が可愛くてとくに気に入っているミニバラです。

 

昨年の5月に小庭で採取して押し花に。

 

葉っぱだけ退色して、花の色は変わらず。素敵に出来たと思います。

 

※この作品は売約済です

 

 

 

 

 

 

今年も良い一枝が採れ、今寝かせていますよ。

 

良い押し花になりますように… (と手を合わせても こればっかりは…ネ!)

 

 

 

 

 

a-DSCF8561hh.jpg

 

 

 

sakai makiko stainedglass 2017 EXHIBITION より

FIVE FROM THE GROUND

 

 

 

 

 

posted by abre | 09:31 | ステンドグラス | - | - |
雨でも晴れでも

 

a-ec4e0df9b312e91f-photo -h.jpg

 

 

 

今年も梅雨入りしましたね。

 

現在は、都内新築邸の 壁に入るステンドグラスのデザイン中です。

 

 

 

 

 

 

 

写真は2週間前に終えた鎌倉での展示の様子。

 

少し薄暗い室内、そして外は快晴で眩しいほど。そんな情景が好きです。

 

昔、教室などでそうであったような。。。

 

 

 

a-ec4e0df9b312e9h.jpg

 

 

素敵なショーケースは、鏡の中の風景。

 

 

 

 

 

 

壁やドアに 横に並んで入れるといいかなと(もちろん1枚でも映えるように)制作した小さいステンドグラス・パネル。

 

ガラスはまさにしずくのようなレインウォーター。

 

雨の日も晴れの日もどちらでも似合い、室内を爽やかに演出できると思います。

 

 

 

a-IMG_3137h.jpg

 

 

 

sakai makiko stainedglass 2017 EXHIBITION より

FIVE FROM THE GROUND

 

 

 

 

posted by abre | 10:16 | ステンドグラス | - | - |
気分は Evans

 

渋いレコードジャケットのようなデザインにしたいと思っていました。

 

完成後は、渋いというより思ったより明快な印象に。

 

 

気分は(畏れ多いですが)ビル・エヴァンス。

 

曲が流れる部屋に似合うようにと願って。

 

 

 

 

a-DSCF8672.jpg

 

右:evans H360 × W320

 

 

sakai makiko stainedglass 2017 EXHIBITION より

FIVE FROM THE GROUND

 

 

 

 

posted by abre | 10:05 | ステンドグラス | - | - |
Jieldeと ともに

 

a-DSCF8710.jpg

 

ジェルデのランプと共に。

 

 

 

 

インダストリアルな雰囲気が好きな人にとって、家にステンドグラスを加えることは

 

そもそも発想しないかもしれませんが…

 

一律では無い、個性が 空間に生まれる気もします。

 

 

 

私としては是非お薦めしたい気持ちで制作に励んでいます。

 

エンブレムは特にさりげない乾いた雰囲気。

 

西欧感も少し漂うのでは。

 

 

 

 

 

a-DSCF8581h.jpg

 

 

 

sakai makiko stainedglass 2017 EXHIBITION より

FIVE FROM THE GROUND

 

 

posted by abre | 10:02 | ステンドグラス | - | - |